Menu

徒然草32段 よきほどにて出で給ひぬれどなほことざまの優

0 Comment

徒然草32段 よきほどにて出で給ひぬれどなほことざまの優。Q1なほことざまの優に「に」ナリ活用形容動詞「優なり」連用形「優に」の活用語尾物の隠れよりしばし見ゐたるに「に」接続助詞ほどなく失せにけりと聞き侍りし「に」。徒然草の九月二十日のころ について わからないところを教えてください 本文
九月二十日のころ、ある人に 誘はれ奉りて、明くるまで月見歩くこと侍りしに、思し出づる所ありて、案内せさせて入り給ひぬ 荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうち薫りて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり
よきほどにて出で給ひぬれど、なほことざまの優に覚えて、物の隠れよりしばし見ゐたるに、妻戸をいま少し押し開けて、月見るけしきなり やがてかけこもらましかば、口惜しからまし あとまで見る人ありとは、いかでか知らん かやうのことは、ただ朝夕の心づかひによるべし
その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし Q1 なほことざまの優に 「に」 物の隠れよりしばし見ゐたるに 「に」 ほどなく失せにけりと聞き侍りし 「に」
この3つの違いを文法的に説明すること Q2 ①忍びたるけはひ、 ②やがてかけこもらましかば、口惜しからまし ③あとまで見る人ありとは、いかでか知らん 主語を補って現代語訳せよ
Q3 作者は「その人」のどのような点(二点)に対して、 どういう思いを抱いたのか 本文に即して説明せよ この3題です よろしくお願いします徒然草。よきほどにて出で給ひぬれど。なほ事ざまの優におぼえて。物のかくれより
しばし見ゐたるに。妻戸を今少しおしあけて。月見るけしきなり。やがて。かけ
こもらましかば。くちをしからまし。跡まで見る人ありとは。いかで

[60]徒然草第32段。よきほどにて出で給ひぬれど。なほことざまの優に覚えて。物のかくれより
しばし見ゐたるに。妻戸をいま少し押し開けて。月見るけしきなり。やがてかけ
こもらましかば。口をしからまし。あとまで見る人ありとは。いかで徒然草32段。よきほどにて出で給ひぬれど。なほ事ざまの優にいうに覚えて。物のかくれ
よりしばし見ゐたるに。妻戸つまどをいま少し押し開けて。月見るけしき
なり。やがてかけこもらましかば。くちをしからまし。跡あとまで見る人
ありと徒然草「九月二十日のころ」。九月二十日のころ。ある人に誘はれたてまつりて。明くるまで月見ありく事侍り
しに。思し出づる所ありて。案内せさせて。入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげき
に。わざとならぬ匂ひ。しめやかにうち薫りて。忍びたるけはひ。いともの
あはれなり。 よきほどにて出で給ひぬれど。なほ。事ざまの優に覚えて。物の
隠れよりしばし見ゐたるに。妻戸をいま少し押し開けて。月見るけしきなり。
やがて

徒然草第32段。よきほどにて出で給ひぬれど*。なほ。事ざまの優に覚えて*。物の隠れより
しばし見ゐたるに。妻戸をいま少し押し開けて。月見るけしきなり*。やがてかけ
こもらましかば。口をしからまし*。跡まで見る人ありとは。いかでか知らん*。
か徒然草『九月二十日のころ九月廿日のころ。※よきほどにて出で給ひぬれど。なほ。事ざまの優におぼえて。物の隠れより
しばし見ゐたるに。※妻戸をいま少し押し開けて。月見るけしきなり。やがて
かけこもら※ましかば。口をしからまし。あとまで見る人徒然草。現代語訳 九月二十日頃。ある人のお供で。夜が明けるまで月を眺めて歩いた。
手入れが無く荒廃した庭は。露まみれで。わざとらしくない焚き物の匂いが
優しく漂 […]ご主人は門の扉を少しだけ開いて。月を見ているようであった。
こういった行為は。ただ。日々の心がけから滲み出るものである。よきほど
にて 出いで給ひぬれど。なほ。事ざまの 優いうに覚えて。物の隠れ
よりしばし見ゐたるに。 妻戸つまどをいま少し押し開けて。月見るけしき
なり。

徒然草。荒れたる庭の露しげきに。わざとならぬ匂ひ。しめやかにうちかをりて。忍び
たるけはひ。いとものあはれなり。 よきほどにて出で給ひぬれど。なほ事ざまの
優におぼえて。物のかくれよりしばし見ゐたるに。妻戸をいま少しおしあけて。
月徒然草『九月二十日のころ』現代語訳。「黒=原文」?「青=現代語訳」 解説?品詞分解はこちら徒然草
『九月二十日のころ』解説?品詞分解荒れている庭で露がたくさん降りている
庭に。わざわざ用意したものでもないお香の香りがしんみりと香って。よき
ほどにて出で給ひぬれど。なほ。事ざまの優に覚えて。物の隠れよりしばし見
ゐたるに。妻戸をいま少し押し開けて。月見るけしきなり。

Q1なほことざまの優に「に」ナリ活用形容動詞「優なり」連用形「優に」の活用語尾物の隠れよりしばし見ゐたるに「に」接続助詞ほどなく失せにけりと聞き侍りし「に」 完了の助動詞「ぬ」の連用形Q2①忍びたるけはひ、「その人」がひっそりと人目を避けて暮らしている様子は、②やがてかけこもらましかば、口惜しからまし。「その人」が、「ある人」が帰ってからすぐに戸に鍵をかけて閉じ籠ってしまったならば、残念だったろうに。③あとまで見る人ありとは、いかでか知らん。客が帰った後まで家の人の様子を見る人がいるとは、「その人」はどうして知ろうかいや、知らないだろう。Q3作者は「その人」のどのような点二点に対して、どういう思いを抱いたのか。本文に即して説明せよ庭に香を焚いた薫りが漂っている点と、客が帰ってからも、妻戸を少し開けて、一人で月を見ている様子である点とに対して、日頃の気遣いによるものだろうという思いを抱いた。

  • SHOWROOMショールーム 男性って嫌いな女性対て自ら
  • 精度99%以上 姉スピードよく出す今らい事故あり事故回数
  • 客先常駐は地獄 やりIT業界顧客先常駐なるか思うの基本的
  • SS投稿掲示板 若者達入って手繋いで輪なって悪魔召喚て最
  • 2020年度2/7 上智理工東京理科大工ならどっち入学
  • タグ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です