Menu

プレスリリース 天の川銀河の中心にはブラックホールがあり

0 Comment

プレスリリース 天の川銀河の中心にはブラックホールがあり。そもそも「真中心」という概念が不明確です。天の川銀河の中心にはブラックホールがありますが これは真中心にあるのでしょうか プレスリリース。天の川銀河中心の超巨大ブラックホール「いて座*」の「瞬き」を検出 ―
ブラックホールごく近傍からの放射か ―いて座*は。稀に数時間の間に数倍
明るくなる「フレア」という増光現象を起こすことがあります。天の川銀河にかくれたブラックホールを見つけた。また。ブラックホールのまわりにある星や雲が高速で回転するようすは。
じっさいに見ることができます。 日本の天文学者たちは。アルマ望遠鏡を使って
。天の川銀河の中心近くで「かくれたブラックホール」を発見しました天の川銀河の中心にもう1つの巨大ブラックホールが存在するかも。いて座*はの超大質量ブラックホールのように直接撮像されたことはまだ
ありませんが。すぐ近くを周回する複数の恒星の動きを長年追跡することで。
太陽の万倍という大質量を持つ天体であることが明らかになってい

天の川銀河の中心にあるブラックホールの近くを回る星が見つかる。こんばんは。りょーです。 今日から「週刊天文マガジン」を毎日更新に週刊
じゃない!今日紹介する論文は私たちがいる天の川銀河の真ん中にある
ブラックホールについての論文です。 なんとそのブラックホールの近く天の川銀河中心のブラックホールはゆっくり自転。天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホール「いて座*」の回転は。周囲に
顕著な影響を与えるほど速くはないようだ。ハーバード?
スミソニアン天体物理学センター 私たちの天の川銀河の中心に太陽の万倍
の銀河系中心部で何かが起こっている。我々の銀河系の中央にある超大質量ブラックホールが。突然回輝いた。科学者
たちがこれまで年にわたって観測してきた中で。見たことのないほどの明るさ
だった。原因は分かっていないが。年と年にブラック

第2回。天の川銀河の心臓部にあるブラックホールを囲む荒々しい領域。エックス線は
エネルギー量によって色分けされていて。赤が最も弱く。青になるほど強くなる
。ブラックホールそのものは。明るい中心部分の一番上に横たわっていて。近隣

そもそも「真中心」という概念が不明確です。円とか正方形のように幾何学的な図形であれば中心の位置は明確ですが、例えば、琵琶湖の中心はどこかと聞かれても明確には答えられないでしょう。しかも、銀河の星々は動いています。すなわち、常に形が変わっているということです。なので、「真中心」というのは決められないと考えるのが適切です。 ただし、一つ明確なものとして「重心」があります。ある系の重心は一つに決まり、しかも不動なので、「真中心」と呼ばれる資格はあります。ただし、「重心」を求めるためには、目に見えないが質量を持つダークマターも含める必要があるため、目に見える円盤状の銀河の見た目の中心とはズレている可能性があります。 いずれにしても、銀河中心の近くにあるブラックホールが、正確な中心あるいは重心に存在する必然性はないので、単に「中心にそこそこ近い位置にある」と考えておくのがよいでしょう。 さて、今回も多々良さんがいい加減な回答をしているので、指摘しておきます。銀河系というのは数千億個の恒星が集まってできたものです。その内部で「ケプラーの法則」など成り立ちません。多体問題といって複雑な動きをします。さらに、よく理解されていないと思われる記述が、銀河の楕円軌道の2つある焦点のどちらか1つに それは存在する事になります。 → 多体問題を無視して概略で考えた場合でも、楕円軌道の一つの焦点が銀河の中心だとすると、もう一つの焦点は個々の恒星ごとに異なります。銀河系の中に決まった焦点が2つあるわけではありません。 もう少し物理学を理解してから回答してもらいたいものです。「真中心」というのはどこを指しているのでしょうか?銀河が対称形であるはずがないので、中心の定義をしていただけないと答えようがありません。普通に考えて真中心ですよただ他のブラックホールなどの影響で真中心ではないかもしれませんが性質や理論、計算的に本来は真中心にあるのですよ真ん真ん中にはないです。太陽系のような恒星系でも、惑星との質量バランスを取って、太陽は軌道運動をしています。惑星に比べれば、真ん中にどっしり居座っていますが、ちょっとだけは。銀河が生まれるときには、どうやらダークマターの分布も関連しており、ダークマターの広がりハローの中で物質バリオンが集まり、銀河や銀河団が形成されているようです。このため、恒星系のように単純な周回運動を銀河の渦状肢はしていません。質量割合をザックリ書けば、物質バリオン;5%ダークマター;25%ダークエネルギー;70%宇宙が加速膨張している斥力となり、ダークマターの方が物質の5倍ほどあり、銀河の中の星々の動きを重力的に支配しています。で、銀河中心のブラックホールは、渦状肢の星々だけでなく、ダークハローからの重力の影響も受けているはずです。だから、中心部には存在しますが、真ん中じゃないでしょう。参考、まあ、この6頁くらいにダークマターが書いてあります。たぶん違います。学校で「ケプラーの法則」って習ったと思います。これは天体の周回軌道などを計算できる法則でその第1法則に「ある天体が、主星の周囲を公転する場合主星を焦点のひとつとする楕円軌道上を動く」というのがあります。つまり、天の川銀河の星々は天の川銀河の中心部の質量の重心を焦点のひとつとする楕円軌道を描いて回っているという事になります。仮にこの焦点あるいはその付近に天の川銀河の中心ブラックホールがあるとすればこの法則に従って銀河の楕円軌道の2つある焦点のどちらか1つにそれは存在する事になります。もちろん、天の川銀河の周回運動が完全な真円なら焦点は1つなのですが恐らくは、そうではないと思いますからその重力の重心は楕円軌道の焦点となりまず、銀河のど真ん中ではないと思われます。

  • 銀行が融資を避けたがる 会社の新事業で新たな融資の話進め
  • windows マイプロダクトの管理で鍵のマーク押す次の
  • 故きを温ねて 人故死ぬの
  • 連合ってなに 福祉関係の仕事就いている者だ労働組合で連合
  • typing たのようなクラスあったてint
  • タグ:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です